戦国IXA元37+38鯖プレイヤーの武将批評&雑記 >> カテゴリ:武将批評:速度

カードNo2035 毛利輝元


2014/04/12
ということで関ヶ原の合戦西軍の総大将とされている毛利輝元さんの紹介です。このカードが登場してから1年半~2年経ちようやく天として最近登場した輝元さんですが、個人的には天より極のこの絵のほうが好きです。この絵ははじめ見た時から結構かっこいいと思っていたので。カードの性能としては、出た当初は4枚目の速度極だったため、このカードの登場にてようやく速度極部隊が完成したことになります。また、後述しますが、ステ...

>>カードNo2035 毛利輝元の記事の続きを読む

カードNo2106 羽柴秀長


2014/04/10
ということで、今回4月のアップデートにて追加された極武将の1枚、羽柴秀長さんの紹介です。なんか秀吉とかよりよっぽどサル顔ですよね・・・。上の絵はかわいらしかったのに、この絵は・・・あまり個人的に好みではありません。ちなみにアプデ前の私の予想は的中したのかというと、予想→3.5コスト指揮兵数3200 スキル 馬砲攻現実→3コスト 指揮兵数2990  スキル 速度ということで大外れでした。確かに上が速度武将でしたから...

>>カードNo2106 羽柴秀長の記事の続きを読む

カードNo2082 長宗我部元親


2014/03/11
というわけで今回は最近はやりの大殿極化シリーズの1人、長宗我部元親です。天では旧は槍オンリーという残念な武将で、新では念願の砲対応をしてかなり強化されたけれどもほかの砲天には劣る現状と、あまりいい扱われ方はされてませんが、それは極化されても同じだったようです。。。それでは早速武将批評に入りましょう。コストは2.5、指揮兵数は2550です。ほかの大殿極がほとんどコスト3や3.5なのを考えるとここでちょっと扱いの...

>>カードNo2082 長宗我部元親の記事の続きを読む

カードNo2020 立花宗茂


2014/02/19
昨日は忙しくて武将批評書けませんでした。今も完全に徹夜明けのテンションなので変なこと書いてあっても無視してください。ということで、今回は元速度極最速武将、立花宗茂さんです。宗茂というと昔はすごく高かったですね。やはり1期とかは速度が人気だったので普通に15万超えて取引されていたりしてました。まあ、輝元や直江のほうが高かったですが、それでも立花も十分高かったです。思い出というと基本的に力をやっていたど...

>>カードNo2020 立花宗茂の記事の続きを読む

カードNo2015 直江兼続


2014/02/01
ということで今回は速度極の代表格である直江ちゃんの紹介です。個人的な思い出としてはずいぶん昔に35万銅銭で買ったことがありますw(ちなみにその時旧最上が34万即決)。昔はなぜか流通量も少なくてかなりレアだったんですけどね、今となっては市場にあふれてますwちなみに37&38の思い出では、たしか購入した次の合戦で炎から引いて1枚売却するというなんともいえない行動をしたことがあります。運がいいんだか悪いんだか・・・...

>>カードNo2015 直江兼続の記事の続きを読む

| 戦国IXA元37+38鯖プレイヤーの武将批評&雑記ホーム |

▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。